極上の蜂蜜を!美味しいハチミツ専門店

神戸菓子工房 Honey Dew ― ハニーデュウ ―

神戸菓子工房 Honey Dew ― ハニーデュウ ―

極上の蜂蜜をおいしいお菓子や食品に!
美味しいハチミツ(蜂蜜)の専門店

  • はちみつバターケーキ
  • はちみつラングドシャ
  • はちみつ
  • はちみつ漬け
  • はちみつ加工品
  • はちみつ化粧品
  • Q&A
  • お客様の声
  • はちみつ豆知識
  • スタッフブログ

Q & A

純粋ハチミツってそれ以外のハチミツと何が違うの?

ハチミツには加熱や減圧釜などにより、脱色や香りを取り除いた「精製はちみつ」や、
水あめや液状糖(異性加糖)を加えた「加糖はちみつ」と言うものもあります。
純粋ハチミツはそれら一切の加工処理を行わない天然そのままのハチミツです。
「体に良い」といわれるハチミツ本来の特性は、加糖や加熱をする事により大きく損なわ
れます。
純粋ハチミツには自然の酵素が多く含まれており、それらの酵素や色・香りは45℃以上
に加熱されると破壊されますので、「非加熱」であること、温度管理が重要です。
その他純粋ハチミツにはビタミン、ミネラル、アミノ酸なども豊富に含まれています。


☆天然100%純粋ハチミツの見分け方☆
 
生きた酵素があるハチミツは発酵して白い泡を噴いてきます。(品質には問題ありません)
・花粉などが含まれており透明度が低いものがあります。
・温度が下がると結晶化します。

ハチミツが白く固まってしまったのですが、大丈夫でしょうか?

ハチミツが白く固まるというのはハチミツの中の糖類が結晶化してしまった状態です。
ハチミツは果糖とブドウ糖が主な成分ですがブドウ糖の多いはちみつほど結晶しやす
くなります。
気温は13〜15℃以下になると結晶しやすく、花粉や気泡に振動が加わることで結晶
化が促進されます。
結晶ははちみつ本来の性質であり、品質や栄養には何ら変わりはありませんので結晶
のままシャリシャリの食感を楽しんでもよいでしょう。
またとろりとした状態に戻すには、ゆっくりと湯煎で溶かす方法があります。
適温は50℃前後。加熱しすぎるとハチミツに含まれるビタミンやミネラル、酵素など
が壊れてしまいますので注意しましょう。

どうして花の種類がわかるのですか?

ハチミツには、単花蜜と百花蜜があり、単花蜜は大部分が一つの花の蜜からミツバチ
が作ったハチミツ、百花蜜は数種類の花の蜜からできたハチミツです。
ミツバチの行動範囲は約2km。その範囲に単一の花が咲いている場所や季節に巣箱を
設置することで単一の花の蜜を集めることができるのです。
また、セイヨウミツバチには集団でその花を目指す”訪花の一定性”があります。
ミツバチはダンスで蜜源植物の場所や距離を仲間に教えることが知られています。
また蜜と一緒に運ぶ花粉を調べることで蜜源植物を知ることもできます。

ハチミツの賞味期限は?

はちみつはそれ糖度が80%前後と高く、また微量に含まれるグルコン酸が強い殺菌力
をもつのでハチミツが腐ったり、カビが生えるということはありません。
ただ、異物や水分が入ってしまうと傷みますので、ビンから取り出す際などは清潔なス
プーンを使用しましょう。
ラベルの賞味期限は、風味良くおいしく味わえる期間という意味です。

ハチミツの保存方法は?

ハチミツは保存性の高い食品ですので、常温で保存します。
最適な温度は18〜24℃で、紫外線にも弱いので、暗い所に置きます。
温度が下がると結晶化が始まりますので冷蔵庫には入れないで。
長期に保存するときには、水分や異物の混入を避け、気密性の高いガラスや陶器の器
に入れて保存しましょう。

国産のハチミツはなぜ価格が高いのですか?

現在日本で販売されているハチミツは90%以上が輸入品です。
養蜂の規模が諸外国とは異なること、日本国内でハチミツの採れる花が少なくなって
いること、そして養蜂家の数が少ないことなどが理由です。
大量生産される外国のものと比べると国内の養蜂家が採蜜したハチミツは稀少なため
価格が高いと言えます。

1歳未満の乳児にハチミツを食べさせてはいけないって本当?

ハチミツは生ものです。
天然のハチミツにはまれにボツリヌス菌の芽胞が含まれていることがあります。
大人だと食べても全く問題はありませんが、1歳未満の乳幼児は消化器官が未発達なた
め乳児ボツリヌス症を引き起こすことがあります。
1歳を過ぎれば腸の働きも発達しているので大人同様に食べても問題はありません。

はちみつバターケーキ
はちみつラングドシャ
はちみつ
はちみつ漬け
はちみつ加工品
はちみつ化粧品
Q&A
お客様の声
はちみつ豆知識
スタッフブログ
page top ↑